ニューヨークを舞台に一流弁護士たちが活躍する『SUITS/スーツ』

dTVで見ることができる海外ドラマから『SUITS/スーツ』をご紹介いたします。

『SUITS/スーツ』はシーズン1が2011年から放送され、2017年4月現在ではシーズン6まで放送されています。ニューヨークが舞台で、非常にスマートでスタイリッシュな弁護士たちが活躍する作品となっております。

主役を演じる注目のイケメン俳優、 ガブリエル・マクトとパトリック・J・アダムスの活躍に老若男女の皆さんが惚れてしまうこと間違いないです!

また、1話完結型のお話なので非常に気楽に見ることができます!

そんな作品『SUITS/スーツ』のあらすじとキャスト、第1話を見た感想をご紹介します。

『SUITS/スーツ』のあらすじ

ニューヨークにあるハーバードのロースクール出身者しか入れないという超一流弁護士事務所、ピアソン・ハードマンを舞台として様々な戦いが描かれています。

物語は超一流軍団の中で、問題行動は多いが一目置かれている敏腕弁護士、ハーヴィー・スペクター( ガブリエル・マクト )が新人採用面接を行っている最中に天才的な記憶力を持つ青年、マイク・ロス( パトリック・J・アダムス) に出会うところから始まります。

定職に就いていないでなおかつ麻薬にも手を染めていたマイクでしたが、ハーヴィーはマイクの才能を見抜き、アソシエイトとして彼を雇い共に働くようになります。

第1話ではマイクがハーヴィーに押し付けられた仕事を周りに助けられながら素人なりに奮闘する様が描かれています。

『SUITS/スーツ』シリーズ 登場人物紹介!!

ハーヴィー・スペクター役 ガブリエル・マクト

出典: ja.wikipedia.org

1972年1月22日生まれ。アメリカ ニューヨーク出身。父親は俳優のスティーブン・マクトで、『SUITS/スーツ』の第3シーズンで二人は共演しています。「セックス・アンド・ザ・シティ」や「ビバリーヒルズ青春白書」、映画「グッド・シェパード」、「恋とスフレと娘とわたし」を初め、数々の作品に出演しています。

【ハーヴィー・スペクター】
ピアソン・ハードマンに務める敏腕弁護士。非常に優秀な頭脳を持ち、勝利を至上としていて、そのためなら手段を選ばないことから、周りと衝突することもしばしばあります。

マイク・ロス役 パトリック・J・アダムス

出典: ja.wikipedia.org

1981年8月27日生まれ。カナダ オンタリオ州トロント出身。テレビドラマ「コールド・ケース」、「LOST」に出演。「SUITS/スーツ」では、全米映画俳優組合賞ドラマシリーズ男優賞にノミネートされました。私生活では「SUITS/スーツ」でも共演経験のある女優のトローヤン・ベリサリオと結婚をしています。

【マイク・ロス】
一度見たものは絶対に忘れることのない驚異的な記憶力の持ち主。麻薬の取締りから逃走中に、アソシエイトの面接をしていたハーヴィーに出会い、才能を見抜かれる事になります。

ジェシカ・ピアソン役 ジーナ・トーレス

出典: ja.wikipedia.org

1969年4月25日生まれ。アメリカ ニューヨーク州マンハッタン出身。高校でオペラやジャズ、またゴスペル聖歌隊の活動に励み、その後芸能界入りを果たします。映画「マトリックス」シリーズや、テレビドラマ「24 -TWENTY FOUR-」に出演。私生活では「ハンニバル」などの数多くの作品に出演する、俳優のローレンス・フィッシュバーンと結婚しています。

【ジェシカ・ピアソン】
ピアソン・ハードマンの所長。的確な判断力で事務所の地位を不動のものにした有能な女性。誰にでも正当な評価を下し、周りからボスとして尊敬の眼差しを集めています。

ルイス・リット役 リック・ホフマン

出典: ja.wikipedia.org

1970年6月12日生まれ。アメリカ ニューヨーク出身。「FBI失踪者を追え」や「サマンサ Who?」、「メンタリスト」を初め、数多くのテレビドラマに出演し、個性派俳優として活躍しています。

【ルイス・リット】
ピアソン・ハードマンの弁護士。周りからあまり好かれてはいませんが、彼も弁護士としては非常に優秀で、分野によってはハーヴィーを上回る業績を修めています。

レイチェル・ゼイン役 メーガン・マークル

出典: ja.wikipedia.org

1981年8月4日生まれ。アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス出身。アメリカの名門私立大学・ノースウェスタン大学で演劇と国際関係学を学び、卒業後にはアメリカ大使館でインターンを経験します。2002年に女優デビューをし、テレビドラマ「FBI失踪者を追え」、映画「リメンバー・ミー」や「モンスター上司」に出演を果たします。

【レイチェル・ゼイン】
事務所で働くパラリーガル。入社初日でマイクに一目惚れをされます。優秀でありながらあまり自信を持てず、ロースクールのテストを何年も受けずにいます。

ドナ・ポールセン役 サラ・ラファティ

出典: ja.wikipedia.org

1972年12月6日生まれ。アメリカ コネチカット州出身。ハミルトン・カレッジで演劇と英語を学び、イエール大学で芸術の修士号を取得します。その後、人気ドラマ「BONES
ボーンズ−骨は語る−」や「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」に出演を果たします。私生活では、同じくイエール大学のエリート証券アナリストと結婚をしています。

【ドナ・ポールセン】
ハーヴィーの優秀な女性秘書。ハーヴィーとは彼が検事補の時からの付き合いで、互いに強い信頼関係で結ばれています。

第1話の感想と見どころ!

舞台となっている弁護士事務所、ピアソン・ハードマンは世界の最先端の街、ニューヨークにあります。

いかにもオシャレなエリートサラリーマンといったような人たちが街を行き交い、カフェでお茶をしているような都会的なシーンがたくさんありました。

また緑生い茂る街中の公園でのシーンも描かれていて、うまく都会と自然の両方が存在していて、まさしくあこがれの街という感じで私も行ってみたい、住んでみたいと感じさせられました。

超一流弁護士事務所、ピアソン・ハードマンのオフィスがとにかくカッコいいです。全面ガラス張りでいかにも大企業って言う感じのビルが彼らの事務所です。

立場によってはまるまる一部屋が与えられていたり、一つのちっぽけなデスクしかもらえなかったりなど役職によって社内で受けている扱いがひと目でわかるところも面白いです。

そんな環境の中、多くのエリート達が日々切磋琢磨しあいながら、時には昇進のために容赦なく相手を貶めたりしながら働くシーンがよく描かれています。

常に結果を求めて一心不乱に働く彼らは本当に輝いています。

ストレートに物を言って敵を負かすシーンは『SUITS/スーツ』には多く、見ていてスッキリします。

条件を守らなかったらすぐに「制裁措置を出すぞ」だったり、「契約違反だ」など思い切りの良いことを言って相手を言い負かすのはさすがアメリカの一流弁護士だと思いました。

もちろんそれらの言動も心理戦のためのハッタリだったりするんですけど(笑)

第2話では一体どんなことが起きるのだろう...

一話完結型の作品になっているので、彼らは毎回違った仕事にチャレンジします。

毎回新鮮で、次回がどんなお話になるのか本当に気になります。

『SUITS/スーツ』が気になった方は今すぐdTVで!

関連トピック

海外ドラマの人気まとめ

最近人気の海外ドラマのまとめランキング

海外ドラマの人気ランキング

海外ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの海外ドラマまとめ

海外ドラマの新着まとめ

海外ドラマの最新のまとめ一覧

海外ドラマの新着記事一覧

海外ドラマのトピック一覧

海外ドラマのトピックからまとめをさがす

海外ドラマのトピック一覧

海外ドラマの注目キーワード一覧

海外ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
スーツ ドラマ トップへ