※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

一度見たものは忘れない「超記憶症候群」がテーマ!「アンフォゲッタブル 完全記憶捜査」

Photo credit: mrbill78636 via VisualHunt.com / CC BY

dTVで見ることができる海外ドラマから「アンフォゲッタブル 完全記憶捜査」をご紹介いたします。

本作は2011年の9月からアメリカ最大の放送局、CBSで第1シーズンが放送され始め、第4シーズン放送されました。

主人公のキャリー・ウェルズを演じるのは「FBI失踪者を追え」で人気を博したオーストラリアの女優、ポピー・モンゴメリーです。

全米で6人、世界にも20人ほどしか持っている人がいないと言われる超能力、`超記憶症候群`をテーマとしていて、実際にこの能力を持つアメリカの女優、マリル・ヘナーが監修を務めたことで話題となった作品です。

そんな人気作、「アンフォゲッタブル 完全記憶捜査」のあらすじと第1話を見た感想をご紹介いたします。

「アンフォゲッタブル 完全記憶捜査」のあらすじ

主人公のキャリー・ウェルズ(ポピー・モンゴメリー)は母のいる介護施設でボランティアをしながらギャンブルで金を稼ぐ元刑事です。

そんな彼女は全米でも6人しかいないと言われる超記憶症候群の持ち主で、一度見たものは絶対に忘れることはありません。

しかし、彼女にも一つだけ思い出せないことがあります。それは幼いころ彼女の姉、レイチェルが殺された事件についてです。

そんなある日、キャリーと同じマンションの住人が殺害される事件が起きました。そこでかつての恋人で刑事のアル・バーンス(ディラン・ウォルシュ)に再会し、捜査の協力を依頼されました。

この再会を機にキャリーは姉の事件の解決を目指して刑事に復帰し、自身の超能力を活かして様々な事件を解決していきます。

超記憶力を実体験!!

Photo via VisualHunt

主人公のキャリーはまるでビデオテープのように一度見た場面を完全に記憶し、再生することができます。

作中でキャリーはその場面を思い出し、注意深く見ることで事件解決の糸口を見つけるのですが、実際に超記憶症候群の女優が監修を手がけているということで、彼らがどのように記憶しているものを思い出すことができているのかが第1話でもとてもリアルに再現されていました。

一見いいことしかない能力のように思えますが、ドラマを見ていると彼らはその特殊能力故に悩むこともしばしばあるのだろうと感じました。

徐々に明らかになっていくキャリーの記憶。

Photo credit: Tim Green aka atoach via Visual Hunt / CC BY

キャリーが唯一忘れてしまっている姉の死についての記憶がアルと再会し、事件の捜査を協力しているうちにところどころ思い出されていきます。第1話だけでも姉の事件に関する記憶が戻ったように思える描写がありました。

現在のニューヨークで起きる日々の事件と過去の姉の死というキャリーにとって大きな事件、といった2つの事件が同時に進むので、「次はどんなことが明らかになるんだろう?」と続きがとても気になります。

「アンフォゲッタブル 完全記憶捜査」が気になった方は今すぐdTVで! 

dTVでは「アンフォゲッタブル 完全記憶捜査」を初め、多数の海外ドラマをご用意しております。気になった方はぜひご利用ください。

アンフォゲッタブル 完全記憶捜査 シーズン1
詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

関連トピック

海外ドラマの人気まとめ

最近人気の海外ドラマのまとめランキング

海外ドラマの人気ランキング

海外ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの海外ドラマまとめ

海外ドラマの新着まとめ

海外ドラマの最新のまとめ一覧

海外ドラマの新着記事一覧

海外ドラマのトピック一覧

海外ドラマのトピックからまとめをさがす

海外ドラマのトピック一覧

海外ドラマの注目キーワード一覧

海外ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
アンフォゲッタブル 完全記憶捜査 トップへ