※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

今見ておきたいおすすめの人気海外ドラマランキングTOP50

2001年に1大ブームを起こした『24-TWENTY FOUR-』や『プリズン・ブレイク』、『LOST』など海外ドラマに注目が集まった時期からすでに長い時が経ちました。

日ごろからより良質の作品を作り出すことに尽力していましたが、ネット配信サービスの普及の波もあり、海外ドラマはいま激戦の時代を迎えています。

視聴者を確保するために、高品質、高額予算のビッグスケールな海外ドラマが量産されつつあるのです。

そんな今ホットな海外ドラマの中からおすすめの作品50選を紹介いたします。

50位『ブラックライトニング』

元はヒーローとして活躍していたものの、家族を守り、街をより明るい側から支えるため、ヒーロー業を引退した「ブラックライトニング」が主人公のドラマです。

地元の学校の校長先生として知られる彼ジェファーソン・ピアースは、妻と離婚したものの、娘二人を支える良い父親でした。

しかし、父として、校長としてでは娘を守れない危機的な状況に直面します。“The 100”という悪の組織が街を危機に陥れるようになったのです。スーパーパワーで電撃を操れるブラックライトニングは、再度街を守るためにヒーロー稼業に舞い戻ることを決意します……。

中年のバツイチ子持ちがヒーローというDCコミックの中でもかなり個性的なヒーロー像です。主演はクレス・ウィリアムズというドイツ出身のキャリアの長い俳優です。

年齢的に身体の限界を感じつつも闘う、かっこいい父親像にも注目してお楽しみください。

49位『iゾンビ』

リヴと呼ばれる美女オリヴィア・ムーアは、研修医として熱心に勉学に励んでいましたが、ある日を境にゾンビに変異してしまいます。

そして、彼女の人生は大きく変わり、婚約者や友人たちとの縁を切り、「脳みそを食べたい」という本能を満たすためにシアトルの遺体解剖室で働くようになりました。その本能を満たすことができなければ、唯一残った彼女の人間性は失われ、暴れまわるゾンビへと完全に変貌してしまうからです。

しかし、彼女が脳みそを食べる時、その人の記憶が彼女の中に流れ込んでくるという副作用に気づきます。この副作用を活かして彼女は死因を追求する刑事を手伝い、殺人事件を解決していくのです……。

シーズン5でのシリーズ終了が決定したドラマなので、今から観て話題に追いつきましょう。

48位『レジデント 型破りな天才研修医』

ジョージア州アトランタにある大型病院を舞台にした作品で、若き医師が病院の隠蔽体質や利益主義な上層部からの圧力にもめげず自らの正義を貫いていくというストーリーです。

「絶対的な権力は絶対に腐敗する」という言葉にもあるように、組織が巨大になると、上層部に腐敗が生じるのは往々にして起こり得ることです。このドラマは病院内の医療事故を隠蔽する体質に疑問を抱く若き医者たちが権力にあらがっていく葛藤をリアルに描いています。

アメリカの病院で起きている問題をかなりリアルに描いた話題作で、医者の直面する問題や、一人の人間として恋愛や友情、権力や名声をどう取り扱うかなどに力を入れて描写されています。海外ドラマや映画で活躍している実力派俳優ぞろいの本格医療ドラマをぜひチェックしてください。

47位『ブラインドスポット』

舞台はニューヨーク、タイムズスクエアで一つのバッグが発見されます。

中から出てきたのは、全身にタトゥーをびっしりと入れた全裸の女性でした。しかも、その女性は記憶を失っています。身元を調べようと、タトゥーを調べると、FBI捜査官の名前がタトゥーの一つに彫り込まれていました。名前があったFBIのカート・ウェラーは、彼女のタトゥーがこれから起こる凶悪な犯罪とつながりを持っていることに気づきます……。

タトゥーが彫られた謎の女性ジェーン・ドゥ役は「マイティ・ソー」の女神シフを演じたジェイミー・アレクサンダーが演じています。

謎が謎を呼ぶミステリー・サスペンス作品なので、伏線が張り巡らされたシリアスなストーリーが好きだという方におすすめです。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

46位『ミスター・メルセデス』

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』や『ショーシャンクの空に』などの有名作品の原作も書いているスティーヴン・キング原作の小説を実写ドラマ化した作品です。

元刑事と凶悪な殺人鬼の対決を描いたクライムサスペンスドラマで、デヴィッド・E・ケリー製作総指揮・脚本でドラマ化されました。

メルセデスベンツを暴走させて16人の死者が出た事件から2年、犯人が捕まらないまま退職を迎えたビル・ホッジス刑事は自堕落な生活を送っていました。しかし、そこに“Mr.M”からの挑発的なメールが届きます。彼は再度事件の真相を探るため、動き出すのでした……。

刑事と犯罪者がただ派手にぶつかり合うだけのドラマではなく、お互いの人間性や内面描写、家族関係や仕事など、深い感情まで丁寧に描写されているので感情移入しやすい作品です。

45位『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』

36歳の男女4人がそれぞれの人生の壁とも言える問題を乗り越えながら、周囲の人間とのきずなを強め、自分のうちに何かが生まれていくのを感じていく、素敵なヒューマンドラマです。

若者たちではなく、36歳という人生の荒波を超えてきた年代に焦点を合わせた群像劇なので、同じ年齢層の方にはグッと心に突き刺さる作品になるでしょう。

1980年、三つ子として産まれたものの、一人を死産で失ってしまった夫婦は、その日に捨て子として放置されていた黒人の男の子に運命的なものを感じ、養子とします。時はうつり2016年、3人は36歳になり、仕事のプレッシャーや、家族を経済的及び精神的に養っていくストレス、親の病気の世話、肥満解消のためのダイエットなどに悩みながら生活していました。

しかし、そんな生活の中でも幸福を見つけようと必死に努力していきます……。

44位『アメリカン・クライム・ストーリー』

1994年6月17日、アメフトのスター選手として知られていた俳優O・J・シンプソンの衝撃的な逮捕が全米中に放送されました。

彼の元妻とその友人を殺害した容疑で逮捕されそうになったところを逃走し、ハイウェイでカーチェイスを繰り広げたのです。全10話のエピソードで全米中から注目の集まった裁判をドラマ化しています。

実際の事件をベースとしたドラマで、1シーズンに1事件が取り扱われます。シーズン2はヴェルサーチ暗殺に焦点を当てて製作されました。事件の真相を表面だけでなく裏側からも描くため、調査が重ねられて製作された脚本と演技派俳優をそろえてリアルな心理描写にもこだわった作品なので、夢中で見入ってしまう作品となるでしょう。

43位『ハンニバル』

ウィリアム・トマス・ハリス三世が1981年に著作した小説『レッド・ドラゴン』を原作としたサイコスリラードラマ作品です。

映画『ハンニバル』や『羊たちの沈黙』で描かれたサイコパスな人食い殺人鬼ハンニバル・レクターの若いころを描いています。

主人公のウィル・グレアムは共感能力が飛びぬけて優れているため、犯人の犯行当時の心境や動機を再現することができる特殊な能力を持っています。彼の能力が高すぎるあまりに精神に大きな負荷をかけてしまうことが危惧され、FBIの捜査チームには入れないでいましたが、凶悪な連続殺人が起きたため、彼の助けを借りようと、捜査チームから声がかかります。精神面での負担を減らすためにとあてがわれた精神科医は何とあのハンニバル・レクター博士なのでした……。

42位『リーサル・ウェポン』

自殺願望がある自暴自棄で無鉄砲な刑事と、家族をとても大切に想うゆえに、危険な行動をしたくない刑事の凸凹コンビが、問題を乗り越えながら最高のパートナーとして成功していくストーリーです。

1987年に公開された同名アクション映画をテレビドラマ版にリメイクした作品で、内容や設定はほぼ同じになっています。

映画版をリスペクトしたド派手なアクションもありながらも、人物の内面描写や二人の関係性が深まっていくエピソードがより深く掘り下げられ、ヒューマンドラマとしても楽しめる作品です。

自暴自棄な刑事マーティン・リッグスを演じるのは、クレイン・クロフォード、家族想いのロジャー・マータフはデイモン・ウェイアンズが演じています。

41位『パーソン・オブ・インタレスト』

2011年9月から放送が開始された米国CBSのクライムサスペンスドラマです。

大ヒットドラマシリーズ『LOST』を製作し、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズや『スターウォーズ』シリーズの監督も務めたJ・J・エイブラムス製作総指揮によるドラマなので、高品質な演出とストーリー構成が期待できます。

政府によって極秘で開発された犯罪予知システム“マシン”は、監視システムや携帯電話の通信内容などを利用してテロや日常犯罪を予知する優れものですが、“マシン”は犯罪にかかわる人物の社会保障番号を通知するのみで、それが加害者なのか被害者なのかもわかりません。政府が無用の長物として放棄したシステムをひそかに用いて犯罪を未然に防ごうとする開発者ハロルド・フィンチと元CIAのジョン・リースの物語です。

40位『ARROW/アロー』

DCコミックスのグリーンアローをモチーフにして製作されたヒーロー・アクションドラマです。

2012年から放送開始されました。バットマンが活躍した『ダークナイト』の世界観に似た雰囲気で作られていて、『グリーン・ランタン』や『タイタンの逆襲』といった映画の脚本も務めたグレッグ・バーランティが脚本に携わっています。

海難事故で遭難した少年オリバーは目の前で父親や友人を失うという悲劇を味わいながらも太平洋の孤島“リアン・ユ―”に流れ着きます。しかし、なんとその島は謎の武装組織が拠点として使っている島でした。怪しまれたオリバーは拷問を受けたり、サバイバル生活を強いられたりしながらも腕っぷしを磨いてたくましく生き残ります。5年後にオリバーが生まれ育った町に帰ると……。

39位『glee/グリー』

2009年から放送開始され、全121話のエピソードでつづった、アメリカの高校合唱部を舞台としたミュージカルテイストの青春群像劇です。

『アメリカン・クライム・ストーリー』の製作総指揮を務めたことでも知られるライアン・マーフィーによって制作されました。ミュージカルの表現に力を入れているので、プロのミュージシャンやダンサーを何人もキャスティングして、実力派の出演者で固めた作品です。

舞台はオハイオ州北西部の架空の高校です。廃部の危機にあった合唱部を救うため、同じ高校を卒業した教師であるウィルが立ち上がります。なんとか寄せ集めたメンバーは、学校内のいじめられっ子や、みんなからのけ者にされているちょっと変わった学生ばかりでした。しかし、ウィルとの信頼関係を培いながら、部は大会へと出場します……。

38位『オリジナルズ』

2013年に放送開始された超常現象ホラードラマです。

2009年に放送開始された『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のスピンオフで、マイケルソン兄妹の3人に焦点が当てられたストーリーです。タイトルは、彼らが「オリジナル・ヴァンパイア」として描かれていることからきています。

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』と同じ製作者が手掛けていて、ジュリー・プレックとレスリー・モーゲンスタインが携わっています。

最古で最強のヴァンパイアとして知られる一族「オリジナル・ヴァンパイア」は世界のヴァンパイアを生み出したまさしく原点とされる一族です。そんな彼らに人狼や魔女が戦争を仕掛けてきます。もし彼らが負けてしまったら世界中のヴァンパイアが死の危機にさらされてしまいますが、果たしてどうなるのか……。

37位『THE MENTALIST/メンタリスト』

2008年から放送開始され、2015年に完結した全151話のサスペンスドラマです。

脚本は『GOTHAM/ゴッサム』のクリエイター、ブルーノ・ヘラーで監督はクリス・ロングが務めました。主演は映画『プラダを着た悪魔』への出演やドラマ『堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-』で主演を務めたサイモン・ベイカーです。

サイモン・ベイカー演じるパトリック・ジェーンは犯罪コンサルタントとして、警察ではないものの難事件の捜査に協力しています。観察力や記憶力が抜群に優れており、相手にとって効果はまちまちであるものの、催眠術を使いこなすこともできます。そんな彼の能力を存分に発揮した“超・心理術”で犯罪者たちの心理を操り、時には過激な手段を使いながらも次々と事件を解決していきます……。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

36位『GOTHAM/ゴッサム』

『THE MENTALIST/メンタリスト』でも紹介したブルーノ・ヘラーがクリエイターとして世に送り出した、DCコミックスの大人気ヒーロー「バットマン」の少年時代を描いたアクション・サスペンスドラマです。

2014年から放送開始され、現在でもシリーズが続いている人気ドラマです。主人公はバットマンではなく、のちに彼と協力関係になる警察ジェームズ・ゴードンで、『The O.C.』の主演も務めたベンジャミン・マッケンジーが演じています。

新入り刑事のゴードンは、ベテラン刑事とタッグで一組の夫婦の殺人事件を捜査していました。彼は捜査の合間にのちにバットマンとして活躍することになるウェイン・ブルースと知り合います。

彼の正義感に満ちた振る舞いがバットマンの心に影響を及ぼしたことがわかるサスペンスドラマです。

35位『ドクター・フー』

1963年からイギリスのBBC Oneで放送されている世界で最も長いドラマシリーズです。

厳密には1963年から1989年までの旧シリーズと2005年から再スタートした新シリーズに分けられますが、ストーリーはそのまま引き継いでいるので、世界最長です。元は子供向け番組として製作されたSFドラマですが、現在では大人も楽しめる作品構成となっています。

ドクターと名乗る宇宙人が主人公で、惑星ギャリフレイに住んでいたタイムロードという種族の生き残りです。人間と同じ外見をしていますが、心臓が二つあり、瀕死の危機に直面すると別の見た目で再生する能力を持っています。そのため、現在までに主人公を演じる役者が13人存在します。

13代目は初の女性ドクターとしてジョディ・ウィテカーが演じています。

34位『ホワイトカラー』

2009年から5年間にわたって放送されたアメリカのドラマで、逮捕されてしまった天才詐欺師ニール・キャフリーがある程度の自由を得るのと引き換えに捜査協力をする、というストーリーです。

天才詐欺師として培った能力や経験を活かして、難事件を解決する糸口を作ったり、ニール自身の直面する問題を乗り越えていったりする姿が描かれます。

詐欺師と警察という混じり合わない二人が徐々に友情の強いきずなで結ばれていく展開や、ニールの周囲の人が謎の死を遂げる展開など、ドラマらしく続きが気になる展開の連続で、飽きることなく最終話まで観ることができるでしょう。

それぞれの登場人物が事件以外のところで見せる人間らしい表情や感情についつい感情移入してしまうドラマです。

33位『アメリカン・ホラー・ストーリー』

2011年に第1シリーズの放送が開始された、アンソロジー形式で物語が進展していくホラードラマです。

『glee/グリー』や『アメリカン・クライム・ストーリー』での功績で知られるライアン・マーフィーとブラッド・ファルチャックがタッグを組んで企画と製作を務めました。

第1シリーズで取り上げられたのはロサンゼルスのある家にまつわるホラーで、その家で死んだ人たちが幽霊として現れるというストーリーです。第2シリーズは精神科病棟で起きる出来事にフォーカスしており、第3シーズンでは魔女裁判の生き残りの子孫たちの物語が、3つの時代を移りながら描かれます。第4シリーズはフロリダの見世物小屋、第5シリーズでは亡霊が住むロサンゼルスのホテル、第6シリーズでは怪奇現象の起きる農場を舞台としています。

アンソロジー形式なので、興味のあるシリーズから見始めることができますよ。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

32位『エージェント・オブ・シールド』

マーベルファンにはおなじみの、ヒーローを管理する国家組織「S.H.I.E.L.D.」のエージェント、フィル・コールソンとそのチームの仲間が怪事件の解決に当たる姿を描いたドラマです。2013年に放送開始されたドラマで、ミニシリーズの『スリングショット』はエミー賞にもノミネートされました。

キャストも豪華で、クラーク・グレッグ、ミン・ナ・ウェン、クロエ・ベネット、イアン・デ・カーステッカー、ブレット・ダルトン、エリザベス・ヘンストリッジなどの競演が観られます。チームが構成されていく初期の段階と、悪の組織と対決していく姿などが描かれていて、アベンジャーズが現在のように活躍できるようになるまでにどんな過程があったのかを知ることができます。

マーベルファンにも、ただ娯楽作品を探しているだけという人にもおすすめできるドラマです。

31位『SUITS/スーツ』

ひょんなことから弁護士の手伝いをするようになった街のゴロツキ、マイク・ロスと敏腕弁護士ハーヴィー・スペクターの二人の友情が築かれていくさまと、数々の裁判に協力しながら立ち向かっていく姿が描かれています。

日本でも弁護士を題材にした『リーガル・ハイ』や『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』などのドラマがヒットしたことが記憶に新しいのではないでしょうか。弁護士系のドラマが好きなら要チェックの作品です。

敏腕弁護士ハーヴィー・スペクターは、能力が非常に高いものの部下を持ちたがらない一匹オオカミの気質をしていましたが、上司から昇進と引き換えに部下を持って仕事をするよう申し付けられます。しぶしぶ面接を開始しますが、そこに入ってきたのはマイク・ロスでした。彼は警察の目から逃げるために面接会場に逃げ込んだのですが、彼の明敏な頭脳を見抜いたハーヴィーは彼を採用することに決めます……。

30位『デスパレートな妻たち』

2004年から2012年までアメリカのABC放送で全180話にわたって放送された女性たちが主役のミステリードラマです。

タイトルにもあるように主要なキャストはある街に住む妻たちで、アメリカの架空の町であるイーグル州フェアビュー市ウィステリア通りが舞台になっています。主人公の女性は4人ですが、近所に住む中の良かった主婦が自殺した事件をきっかけに集まって事件解決に挑むところから物語が始まります。

それぞれの登場人物に違った背景があるので、そのうちの誰かにきっとあなたも感情移入できると思います。コメディのテイストやロマンスを描いた回もあるので、本格ミステリーに抵抗があるという人でも、何気なく観始めることができるドラマです。

29位『ゴシップガール』

アメリカの女性小説家セシリー・フォン・ジーゲザーのデビュー作品である同名小説を原作にして構成された2007年放送開始のドラマです。

『アデライン、100年目の恋』で年を取らない絶世の美女を演じたブレイク・ライヴリーの出世作で、『The OC』のクリエイターを務めたジョシュ・シュワルツがドラマ作品化したことでも注目を集めました。

高校生たちが主人公のドラマで、アッパー・イースト・サイドの富裕層の高校生の恋愛群像劇を描いています。アメリカのティーンの間で一大ブームを巻き起こし、登場人物のファッションやメイクをマネする若者が増え、社会現象にもなりました。「ゴシップガール」という管理人が運営するサイトの情報をもとに繰り広げられる男女の恋模様や友情のストーリーを楽しめます。

28位『THE FLASH / フラッシュ』

2014年10月から放送開始された、DCコミックスのスーパーヒーロー「フラッシュ」の活躍を描いたSFヒーローもののアクションドラマです。派手なアクションだけではなくミステリーの要素もあるので、大人も夢中で観ることができます。

同じDCコミックスのスーパーヒーローである「グリーンアロー」を描いた『ARROW/アロー』のスピンオフ作品で、『ARROW/アロー』と同じ製作チームが携わっています。

母親をヴィランに殺され、父を冤罪で投獄された主人公バリー・アレンは、ジョー・ウエスト刑事のもとで成長していきます。成人し、警察の科学捜査班へと配属されたアレンは、粒子加速器の誤作動によって起きた電撃事故に巻き込まれ、昏睡状態に陥りますが、目が覚めると光のような速さで移動できるスーパーパワーを身に着けていたのでした……。

27位『レジェンド・オブ・トゥモロー』

DCコミックスの『ARROW/アロー』、『THE FLASH/フラッシュ』『SUPERGIRL / スーパーガール』の活躍する時代や舞台とクロスオーバーしたヒーロー作品で、2016年から放送が開始されました。

ヴィランの支配により暗黒に包まれてしまった2166年の未来の世界を救うため、2016年にタイムスリップしてきたタイムマスター、リップ・ハンターがヒーローとして戦うためのチームを集めて、不死身のヴィラン、ヴァンダル・サベッジとの闘いに出るというストーリーです。

他のDCコミックスのドラマを観ていた人にとっては見覚えのある、悪党やスーパーヒーローたちがチームとしてまとめ上げられていく姿が、冒険ヒーローものが好きな人にとってはとてもワクワクする展開となるでしょう。

26位『ヴァンパイア・ダイアリーズ』

2009年から放送が開始された、原作であるL・J・スミスの同名小説を実写でテレビドラマ化した作品です。

超自然ホラーと若者のラブロマンスを融合させたジャンルのドラマで、製作総指揮にケヴィン・ウイリアムソンやジュリー・プレック、レスリー・モーゲンスタイン、ボブ・レヴィが携わっています。

バージニア州の架空の町ミスティック・フォールズを舞台とし、高校生の女子エレナ・ギルバートを主人公として、ティーンの恋愛模様や家族との関係、友情のきずななどを描きながらも、古くから存在してきたオカルト的な存在、ヴァンパイアや人狼、魔女やヴァンパイアハンターなどの勢力争いに巻き込まれていく姿を描いています。

25位『ワンス・アポン・ア・タイム』

2011年から放送が開始された、アメリカABC系列のファンタジードラマです。

ディズニーのファンタジー映画の登場人物やその作品で題材とされてきた童話の中の登場人物、オズの魔法使いなどの児童文学、グリム童話の登場人物などが、強力な呪いにより記憶を消されて現実世界で暮らすようになったという舞台背景で作られたストーリーです。

ウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下であるABCスタジオだからこそできた作品で、『LOST』や『トロン: レガシー』を製作したことで知られるアダム・ホロウィッツとエドワード・キッツィスがクリエイターとして参加しています。主人公の少女が現実世界に幽閉されてしまったおとぎ話の世界の登場人物の呪いを解くために活躍する姿や、各キャラクターの成長に感情移入できるドラマです。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

24位『ハウス・オブ・カード 野望の階段』

イギリスで放送された1990年のドラマシリーズ『野望の階段』をベースとして2013年にアメリカで放送が開始されたドラマです。

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』や『セブン』、『ファイト・クラブ』などの名作映画を世に送り出してきたデヴィッド・フィンチャーや、同『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』や『フォレスト・ガンプ/一期一会』の脚本を担当したエリック・ロスが製作総指揮に名を連ねています。

主人公で下位議員のフランク・アンダーウッドは、ホワイトハウスで国務長官として働くことを目指していました。大統領候補のウォーカーは彼を支持する見返りとして国務長官のポストを約束しますが、ウォーカーはフランクを裏切ります。裏切られたフランクは復讐を誓い、権力を手に入れるために行動を開始します……。

23位『グレイズ・アナトミー』

アメリカのABC系列で2005年に放送が開始されました。

キアヌ・リーブス主演のヒット映画『スピード』や『デイ・アフター・トゥモロー』の製作に携わったマーク・ゴードンと、『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』のために脚本を執筆してションダ・ライムズがタッグでプロデューサーを務めた、高視聴率ドラマです。

シアトルの若い外科医たちが仕事や恋愛で経験する苦悩や成長を描いた作品です。主人公のメレディス・グレイは国内でも指折りの凄腕外科医を母に持つ、外科医インターン生です。彼女の初出勤の前日バーで出会った男性と関係を持ってしまいますが、彼は、インターン先の病院の受付として働いているのでした……。

22位『ダウントン・アビー』

2010年にイギリスのITVで放送が開始された、歴史時代劇ドラマです。

『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』などへの出演を果たした俳優でありながらも、『ツーリスト』や『アガサ・クリスティー ねじれた家』などの映画脚本家としても活躍しているジュリアン・フェロウズが原作と脚本を務めています。

1912年から1925年のイギリスを舞台として、当時の貴族とその使用人たちの生活を描いています。場所はイングランドの北東部にあるヨークシャーのダウントン村で、そこにある「ダウントン・アビー」というカントリーハウスで起きた出来事を描いています。家の持ち主であるロバート・クローリーには妻と3人の娘がいますが、家督を継げる男子がいないため、跡継ぎ問題が複雑になっていきます……。

21位『BONES - 骨は語る -』

アメリカのFOX系列で2005年に放送が開始された、1話完結のクライム・サスペンスドラマです。
映画監督キャレブ・デシャネルを父に持ち、『イエスマン “YES”は人生のパスワード』でヒロインを演じたズーイー・デシャネルを妹に持つ、エミリー・デシャネルが主演のドラマです。

主人公であるテンペランス・ブレナンは、法人類学者として遺跡の人骨などを研究していますが、風化した遺体や変死体が発見されると、FBIからの依頼を受け法医学研究所で遺骨の鑑定などをおこなう仕事にも携わるのでした。論理的すぎる嗜好ゆえに時折他の人の神経を逆なでしてしまうこともありますが、法人類学者としての能力はとても高く、骨を見ただけで性別や職業などの詳細な点を言い当てることができます。サスペンス好きにおすすめの作品です。

20位『HOMELAND/ホームランド 』

2011年からアメリカのCBS系列で放送が開始されたスパイもののドラマで、ギデオン・ラフの『Prisoners of War』を原作としてリメイクした作品です。

企画は『24 -TWENTY FOUR-』や『Xファイル』の製作に携わったハワード・ゴードンとアレックス・ガンサで、『ロミオ+ジュリエット』でのジュリエット役や1998年の『レ・ミゼラブル』のコゼット役などを果たしたクレア・デインズが主演を務めています。

テロを防ぐために奮闘するCIA捜査官と、テロを実施するためにアメリカ人捕虜を転向させてアメリカに送り込んだアルカイダのテロ組織との対決を描いた作品です。捜査官キャリー・マティソンは、テロリストのアジトから救出された海兵隊の軍曹が怪しいと上司に忠告しますが、アメリカは彼を「戦争の英雄」として扱うのでした……。

19位『LOST』

2004年にアメリカのABCで放送が開始されたSFミステリー群像劇です。

『パーソン・オブ・インタレスト』の製作総指揮であり、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズや『スターウォーズ』シリーズの監督も務めたJ・J・エイブラムス監督によるドラマです。無人島に墜落したものの生き残った人々がサバイバルの中で自分の過去を回想し、島に秘められた謎の真相にも徐々にたどり着いていくというストーリーで、多くの視聴者を引き付けました。

飛行機の墜落事故により多くの死者が出たものの、運よく転落した先が無人島だったので生き残ることができた約40人の乗客たちですが、島には謎のうめき声を聞いたという人ややいるはずのない動物などを目撃した人たちの情報が行きかいます。遭難した人々の病気が治ったり、無人島のはずが、他の人類の痕跡があったりと、謎が深まっていきます……。

18位『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』

2005年にアメリカのThe WB系列で放送が開始され、The CWに引き継がれたアクション・ホラードラマです。

1話完結のオムニバス形式で描かれたドラマで、怪奇現象を解決していくサムとディーンのウィンチェスター兄弟が主人公としてストーリーがつづられています。短編のエピソードが進行すると同時に、2人の主人公の過去や彼らのミッションなどについての情報も徐々に明らかになっていく展開で、最後まで楽しめるドラマです。

舞台は1983年のアメリカ、カンザス州ローレンスで、二人目の子どもを産んだばかりの母と父が何気ない普通の家族として生活していました。しかし、超常現象によって母が亡くなってしまいます。母を殺した原因が魔物やモンスターなどとして知られている超自然的な存在によるものだと知った兄弟は、魔物ハンターとして行動するのです……。

17位『プリズン・ブレイク』

2005年に放送が開始されたアメリカのFOXによるドラマです。

当初は長期間のスパンで進行する脱獄モノの連続ドラマの製作にGOサインがなかなかでなかったFOXですが、『LOST』や『24 -TWENTY FOUR-』のヒットをきっかけに、長編ドラマの可能性が開け、製作に取り掛かりました。

タイトルの通り「脱獄」をテーマにしたドラマです。無実の罪で捕まってしまった兄を助けるために意図的に投獄された弟が天才的な頭脳を用いて脱獄を目指すというストーリー展開で、見つからないようにプロジェクトを進行させていく姿に手に汗握る展開が楽しめます。

天才的な頭脳とはいえ、協力者を見つけることや必要な道具を手に入れて、看守たちに気づかれないように作戦を進行するには、多くの難題が待ち受けています。彼らの作戦はうまくいくのでしょうか……。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

16位『24-TWENTY FOUR-』

冒頭でも紹介した、日本の海外ドラマブームの火付け役としても名高い伝説的なドラマです。

日本にも多くのファンがおり、何人ものコメディアンが主人公ジャック・バウアーをマネたことでも話題になった作品です。2001年にアメリカのFOXが製作したリアルタイムサスペンスドラマで、1話ごとに物語の中の1時間が進むという斬新な設定から、観る者を夢中にさせた作品となりました。

主人公ジャック・バウアーを演じるのはキーファー・サザーランドで、CTUというテロ対策組織に所属する有能な人材として描かれています。

現在までに9つのシーズンと1つのスピンオフ作品が発表されているという、高い人気をうかがわせる作品です。

15位『シャーロック』

2010年にイギリスのBBCによって放送が開始された、アーサー・コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作としたミステリードラマです。

『プーと大人になった僕』への出演や、『ドクター・フー』への出演も果たしている、俳優であり脚本家でもあるマーク・ゲイティスが『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』の脚本を執筆したスティーヴン・モファットなどとともに製作総指揮を務めている作品です。

舞台は21世紀のイギリス、ロンドンで、ジョン・ワトソンと出会った少し風変わりな男性シャーロック・ホームズのルームシェア生活が始まるところから物語がスタートします。

原作のようなシャーロック・ホームズの雰囲気や能力の高さはそのままに、現代の最先端技術を駆使して事件解決に当たる新感覚のミステリードラマです。

14位『グリム』

2011年にアメリカのNBCによって製作されたダークファンタジーとクライムサスペンスが融合したジャンルのドラマです。

主人公のニック・ブルハルトはオレゴン州ポートランドの警察署の殺人化に勤めています。彼はグリム一族の末裔ですが、そのことに気づかずこれまで過ごしてきました。しかし、ある日人間のようにふるまうもののモンスターのような顔をしている人を見かけます。彼の叔母は、彼がグリム一族の子孫として、魔物と戦う運命にあることを告げ、闘うための知識や武器を授けます。

人類の凶悪犯罪者と古くから言い伝えられる魔物との戦いを見事にミックスして、本格ミステリーとしても楽しめるファンタジーの世界がつづられています。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

13位『THE 100 ハンドレッド』

2014年にアメリカのCWで放送が開始されたSFドラマで、世界の終末を描いています。

地球上のほぼすべての生命が死滅してしまった核戦争から97年が経った世界を舞台として、宇宙ステーション内に移住した生き残りの2400人ほどの人類の生活を描くところから物語が始まります。枯渇しつつあるステーション内の資源や、生命維持装置に異常が見られる現状を危惧し、18未満だったために刑を逃れていた囚人たち100人が「ワンハンドレッド」計画という表面上の建前で地球に送り込まれます。

彼らは、地球が再度生存可能な場所になっているかどうかを確認するために送り込まれたのです。地球に着いた彼らは、生き残りをかけたサバイバル生活の中で仲間と絆を築き、他の生命体との接触や新天地の開拓を進めていきます……。

12位『クリミナル・マインド FBI vs. 異常犯罪』

2005年からアメリカのCBSで放送が開始された、クライムサスペンスドラマです。

「クリミナル・マインド」という表現からもわかるように、犯罪心理学のプロフェッショナルが、プロファイリングした犯罪者たちの犯罪傾向から事件の解決に挑んでいくというストーリーです。

舞台はFBIで、実際に存在するBAUという行動分析課をベースとして作られました。

犯罪者たちの次の犯罪を予測して行動するだけでなく、時にアクションシーンも交えた迫力たっぷりの展開も楽しめるドラマです。また、捜査をするメンバーの内面の成長や、過去に抱えた心の傷との決別など、登場人物の成長する姿に感情移入できるドラマにもなっています。

11位『ギフテッド 新世代X-MEN誕生』

2017年にアメリカのFOXが放送を開始した、マーベルコミックスの『X-MEN』を基に脚本家マット・ニックスによって企画されたドラマです。

製作総指揮は『X-MEN』シリーズで監督を務めたブライアン・シンガー、主要なキャストにイギリスのベテラン俳優スティーヴン・モイヤーやアメリカの女優エイミー・アッカー、ナタリー・アリン・リンド、パーシー・ハインズ・ホワイトがキャスティングされています。

舞台は『X-MEN』のミュータントチームがいなくなった後の世界で、政府に迫害され続けている若きミュータントたちの新たな戦いを描いています。シリーズを観ていなかった人はもちろんのこと、映画版や原作コミックスのファンにとっても楽しめる要素が満載の作品です。

10位『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』

2013年にインターネット動画配信サービス「Netflix」で配信が開始されたコメディドラマです。

パイパー・カーマンの著作『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女性刑務所での日々』を原作として製作されました。

ニューヨークで育った裕福な主人公パイパー・チャップマンは麻薬取引を手伝ったことで逮捕、投獄されてしまいます。ドラマの中では彼女が女子刑務所で受けるハラスメントや他の囚人たちとの関係、囚人たちの過去や人間性、看守たちとの関係性やそれぞれの過去などが描かれていきます。

お嬢様として美味しいものを食べ、何不自由ない生活をしてきた彼女は収容所の生活に順応していくことができるのでしょうか……。

9位『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』

2013年に放送が開始された、アメリカのFXが製作したドラマです。

家族関係を描いたヒューマンドラマとしての面と緊迫感のあるスパイスリラードラマとしての面を兼ね備えています。

舞台は1981年のレーガン大統領がアメリカを治める時代で、ソビエト連邦がアメリカに潜入させていたスパイの夫婦の生活を描いています。主人公の夫婦はアメリカ人の夫婦と偽って普通の生活を装っているKGBのスパイで、娘と息子の4人で暮らしていました。しかしある日、近所にFBI局員が引っ越してくることになり……。

両親の正体を知らない子供たちの未来を案じる親としての一面と、祖国を想う気持ち、さらに自分たちの使命を果たさなければならない責任感とに揺れる心を絶妙に表現しているドラマです。

8位『ブラックリスト』

2013年にアメリカのNBCで放送が開始された、クライムサスペンスドラマです。

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の監督・脚本を務めたジョー・カーナハンが監督で、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のウルトロン役を演じたジェームズ・スペイダーが主演を務めています。

国際的犯罪者レイモンド・“レッド”・レディントンが自らの指名手配を取り消す代わりに情報提供をするという司法取引をFBIに持ち掛けます。取引に応じたFBIとともに、犯罪者だからこそ情報を詳細に知ることができた、自らの「ブラックリスト」を使って事件解決の手助けをするようになります……。

映画並みのアクションシーンが楽しめる点や、全編通してミステリアスな雰囲気を醸し出すレディントンの目論見が何なのかという点に注目が集まる話題作です。

7位『ウエスト・ワールド』

2016年からアメリカのHBOで放送が開始されたSFスリラードラマです。

『ダークナイト』や『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』を手掛けたジョナサン・ローランとリサ・ジョイが原案で、1973年の同名映画を原作として製作されました。製作総指揮にJ・J・エイブラムスが加わり、高品質のSFスリラーに仕上がっています。

アンドロイドが虚構の世界を構成するテーマパーク「ウエスト・ワールド」は、人間そっくりの外見の「ホスト」と呼ばれるアンドロイドを相手に欲望の限りを尽くすことのできる場所でした。入場料さえ払えばどんなことでも出来て、彼らが去れば記憶がリセットされ修理されるアンドロイドたちでしたが、創設者の介入によりアンドロイドが反乱を起こすようになります……。

6位『リバーデイル』

2016年にアメリカで製作されたドラマです。

『アーチー』という原作コミックブックを実写ドラマ化した作品です。『glee/グリー』の製作にも携わったロベルト・アギーレ=サカサが脚本を務め、K・J・アパ、リリ・ラインハルト、カミラ・メンデス、コール・スプラウス、マリソル・ニコルズなどの美男美女が勢ぞろいしたキャスティングです。

架空の高校リバーデイル高校の2年生が物語の主軸となって描かれており、ジェイソン・ブロッサムという裕福な家の息子の失踪事件を解決しようと奮闘する若者たちと、それぞれに秘密を持っている登場人物の過去や内面、背景が描写されています。

一つの事件の真相を追う形で若者たちの青春の姿が映し出される、アメリカのティーンもののドラマが好きな方におすすめの作品です。

5位『ER 緊急救命室』

1994年からアメリカのNBCで放送が開始された、医療ヒューマンドラマです。

スティーヴン・スピルバーグが映画化した小説『ジュラシック・パーク』などの執筆で知られる、マイケル・クライトン著作の『五人のカルテ』が原作となっているドラマです。『ザ・ホワイトハウス』のジョン・ウェルズなどが製作総指揮に名を連ねています。

『ER緊急救命室』というタイトルからもわかるように、救急救命室で起きる出来事や、そこで働く人たちの人物模様を描写したドラマです。ストーリーはジョン・カーターが救急救命室に研修医としてやってきたところから始まります。

失敗続きだった彼の成長していく姿を観ることができる、サクセスストーリーも含んだ臨場感あふれるドラマです。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

4位『ウォーキング・デッド』

2010年からアメリカのAMCで放送が開始されたゾンビ・パニックドラマです。

『ショーシャンクの空に』や『グリーンマイル』、『ミスト』の監督を手掛けたことでも知られる稀代のヒットメーカー、フランク・ダラボンの企画によって製作されました。原作は同名グラフィックノベルで、ゾンビがはびこる世界から安住の地を求めて旅をするグループに焦点が当てられて描かれています。

「ウォーカー」と呼ばれる歩く死人に噛まれると、高熱を出して死に、同じく歩くゾンビとして変異してしまうという設定で、脳を破壊しなければゾンビを殺すことはできないとされています。

そんな「ウォーカー」が大量発生した街から脱出し、家族との再会を目指すサバイバル劇を描いた作品です。

3位『LUCIFER/ルシファー』

2016年にアメリカのFOX系列で放送が開始された、1話完結のファンタジー・クライムドラマです。
DCコミックスを原作とするドラマで、登場人物ルシファーの設定を本作にも引き継いでいます。

地獄の王として退屈な生活を送っていた堕天使ルシファー・モーニングは、ロサンゼルスのクラブのオーナーかつロス市警のコンサルタントとして働くことを決めます。彼がコンサルタントとして働くことに決めたのは、彼がオーナーをするクラブの目の前で人気スターが殺害されたからでした。100億年近く生きてきたその生活を地獄の王として過ごしてきたルシファーには「悪を犯した者にはさばきが下されねばならない」という信念が根付いていたのです。

彼は純真な心を持つロス市警のクロエ刑事と共に事件解決に向けて働き始めます……。

2位『ブレイキング・バッド』

2008年からアメリカのAMCで放送が開始された、ブラックユーモア満載のサスペンスドラマです。

ヴィンス・ギリガンが製作総指揮を務め、『プライベート・ライアン』や『アルゴ』、『GODZILLA ゴジラ』で印象的な演技を見せたブライアン・クランストンが主演を務めています。

ウォルター・ホワイトは、1985年に助力したプロジェクトでノーベル賞を獲得するほどの天才科学者です。50歳の彼は高校の化学教師として地味な生活を送っていましたが、脳性まひを抱える息子と、最近娘を妊娠した妻との生活で、経済的に少し不自由な思いを強いられていました。しかし、彼が肺がんに侵されていて余命2年であると宣告されると、彼の中で何かがはじけます。家族にお金を残そうと、化学の天才的知識を駆使して違法薬物を精製して売りさばく稼業に手を染めてしまうのです……。

1位『Xファイル』

1993年から2002年まで放映された、アメリカのFOXが製作する超常現象ミステリードラマで、2016年から新シリーズの放送が始まりました。

クリス・カーターが脚本および監督を務める伝説的大ヒットドラマとして、世界中で注目されるドラマシリーズになっています。主人公モルダーとスカニーは、1993年の旧シリーズからそのまま変わらないキャスティングでデイヴィッド・ドゥカヴニーとジリアン・アンダーソンが続投しています。

1話完結のスタイルがスタンダードで、未確認生命体やオカルト的な超常現象などのかかわる事件に取り組むFBI捜査官の2人組の物語になっています。事件だけでなく、主人公や登場人物の過去に迫ったリアルな人物描写や、謎がいつも解決されるわけではないミステリアスな展開に多くのファンが魅了されています。

未知の存在について考えさせられるドラマです。

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。

まとめ

今ホットな海外ドラマを一挙にベスト50作品紹介してきましたが、気になる作品は見つかったでしょうか。

海外ドラマはエピソードが全体で100話以上あるものも多いので、レンタルで観ようとするととても高額になってしまうこともあります。もし、気になった作品があったら、自宅や出先の移動中にドラマが楽しめる動画配信サービスdTVの利用がおすすめです。ぜひ、試してみてくださいね。


海外ドラマの人気まとめ

最近人気の海外ドラマのまとめランキング

海外ドラマの人気ランキング

海外ドラマのおすすめまとめ

@dTV編集部おすすめの海外ドラマまとめ

海外ドラマの新着まとめ

海外ドラマの最新のまとめ一覧

海外ドラマの新着記事一覧

海外ドラマのトピック一覧

海外ドラマのトピックからまとめをさがす

海外ドラマのトピック一覧

海外ドラマの注目キーワード一覧

海外ドラマの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP